アドベント

2018.11.28

 

「『見よ、おとめが身ごもって男の子を生む。
その名はインマヌエルと呼ばれる。』
この名は、『神は我々と共におられる』と言う意味である。」
             マタイによる福音書1章23節
 
今年のアドベントは12月2日の日曜日からです。アドベントは、クリスマスに近い日曜日の4週間前から始まります。イエスさまの誕生を楽しみに待つ期間がアドベントで、キリスト教の暦では一年の始まりにあたります。
街ではすでにクリスマスの飾りがされていますが、本来はこのアドベントからクリスマスの飾りをするものです。本校では昨日の放課後、中高の宗教委員がクリスマスの飾りつけをしました。学校のリースは礼拝堂前の「カイズカイブキ」の木を使った、材料から英和製の手作りのものです。ツリーやクレッシュも整え、今年もすてきにクリスマスの飾りがなされました。私は街の華やかな飾りよりも、この生徒手作りの飾りが大好きです。
神のみ子が、わたしたちのために一人の人としてこの世に誕生してくださった、それは神がいつも共にいてくださるということの証しです。この大きな恵みの時を、大切に過ごしていきたいと思います。
 ※写真は宗教委員のクリスマス飾りつけ作業の様子です。

             (学院宗教主任 鬼形惠子)