ペンテコステ

2015.05.13

 五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。すると、一同は聖霊に満たされ、「霊」が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。

ー 使徒言行録 2章1節~4節 ―  

           

 

英和は、今、スクールフラワーである「あやめ」の花が美しく咲いています。このあやめが咲く季節は、キリスト教の暦では、ペンテコステの礼拝を守る時期になります。
「ペンテコステ」は、イエスの死後、イエスの弟子たちに聖霊が降ったことを記念する日です。「ペンテコステ」は、「50番目」を意味するギリシャ語で、イースターから50日目です。教会のペンテコステは、今年は5月24日。学院でも、この時期、各校でペンテコステ特別礼拝を守ります。