放送部 今年度の活躍

2021.03.22

今年度は例年参加していたコンテストも中止となり、通常の活動が難しい状況の中、データ審査、オンライン提出など、コンクールの形態が変更になった大会にも果敢に挑んできました。その結果、以下の賞を受賞しました。

 

第44回 全国高等学校総合文化祭放送部門

 アナウンス部門 審査員特別賞 文化連盟賞          中尾真優

 朗読部門 文化連盟賞                    鈴木杏奈

 

第35回 神奈川県高等学校総合文化祭放送部門大会

 ビデオメッセージ部門 1位 教育長賞            梅澤夏奈

 アナウンス部門 4位 高文連会長賞             菊田静良 

 アナウンス部門 6位 高文連会長賞            竹下茉那実

 アナウンス部門 優秀賞 高視研会長賞            吉川真央

 オーディオピクチャー部門 1位 教育長賞 神奈川新聞社賞 青木志穂梨

 オーディオピクチャー部門 1位 教育長賞 神奈川新聞社賞  酒井彩乃        

   オーディオピクチャー部門 2位 高文連会長賞       西脇あかり        

   オーディオピクチャー部門 2位 高文連会長賞        福田凜乃

 

みんなで放送コンテスト2020 

 アナウンス部門 優良賞                  竹下茉那実

 ラジオドラマ部門 優秀賞                 西脇あかり  

 ラジオドラマ部門 優秀賞                  福田凜乃

 

第40回 横浜市中学校放送コンテスト

 朗読部門 最優秀                      宮田瞳        

  アナウンス部門 優秀                    宇治蒼衣

 

第40回 神奈川県中学校放送コンテスト

 朗読部門 優秀                       宮田瞳

 

 

放課後のクラブ活動では、広い視聴覚教室で発声練習や滑舌練習、パソコン教室で動画や音声の編集作業やアナウンス原稿の作成、放送室でマイクで原稿読みの練習を行っていました。地道な日々の活動が実を結んだ結果です。