【中3英語】英語でスピーチ日本昔話/はじめてのオンラインスピーキング

2021.07.02

少人数クラス別でおこなっている中3英語の授業は、ネイティブ英会話教師とのTT(チームティーチング)クラス、オンラインスピーキングのクラスに分かれての授業でした。

〈TTクラス〉

TTクラスでは、日本昔話の英訳を2人のペアで暗唱しました。「桃太郎」「ぶんぶく茶釜」「一寸法師」「金太郎」など馴染み深いお話を、何も見ることなく、物語の情景を浮かべ、文章を思い出しながら、5分近いボリュームの物語を壇上で立派にスピーチしました。担当教諭も、「生徒たちが一生懸命覚えてきて、頑張っていました。」と話していました。

〈オンラインスピーキングクラス〉

オンラインスピーキングが初めての中3は最初は緊張した表情でしたが、徐々に教室であることを忘れて、オンライン上の外国人講師の方と1対1での会話に集中していました。授業後の生徒たちは興奮気味に「全く話すことに自信がなかったのに、初めて1対1で会話して、思ったよりも話せました!」「外国の人と話す機会ができて嬉しかった!今は海外に行かれないので、貴重な時間でした。」「好きな食べ物や教科、日本について聞かれましたが、簡単な質問にしてくれたので答えられました。」「比較級で家族のことについて話すことができました。」「単語の間違いなども優しい英語で指摘してくれて、勉強になりました。」など初めてのオンラインスピーキングに手応えを感じた様子でした。