【中1理科】二酸化炭素VS酸素

2021.07.05

1年生の理科実験風景です。

二酸化マンガンとオキシドールから酸素を、石灰石とうすい塩酸から二酸化炭素を発生させ、水上置換法で試験官に集めました。

試験官に集めた気体に①石灰水を入れてゴム栓をしてよく振る、②火のついた線香を入れる、③BTB溶液を数滴入れ色の変化をみることで、気体の性質を調べました。

BTB溶液の色が変化したり、線香の火が激しく燃える様子を確認すると、「おー!」「変わったね!」「先生!是非見てください!」と喜びの声が聞こえました。最後は、考察の時間。結果や感想を皆で共有しながら、プリントをまとめて実験の終了です。