【高大連携】青学国際政治経済学部   「SANDS」によるSDGsワークショップ実施

2021.10.15

青山学院大学国際政治経済学部より公認SDGs学生団体「SANDS」の皆さんが来校してくださり、中学2年生にSDGsカードゲームワークショップをしてくださいました。

国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の17の目標を手がかりに、地域で起こっている諸課題ついてカードゲーム形式で楽しく学ぶことができました。

会の最後には学生への質問もあり、大学について知る場にもなりました。今後も折りを得て、青山学院大学との連携を深めていきたいと思います。

ワークショップ後に、SDGs 達成のためにどのように行動したいかを生徒に書いてもらいました。

・できることからやっていけば、世界が変わるかもしれないと思いました。エコバックやマイボトルを持ち歩こうと思います。

・身近なことから行動したいと思った。食品ロスとかは食べきれないものは買わないなど小さなことでも行動したりしたいと思った。

・中学生にはできることは少ないかもしれないけど、まず、知らない人に伝えていくことが大切だと思いました。

・人助けなど人のためになるような行動をしてみたいと思います。自分ができそうなボランティアがあったら参加してみたいと思います。

・カードゲームだけで、今問題になっていることがこんなにもたくさんあるんだと驚きました!エコバックやマイボトルを当たり前のように持ち歩きたいです。

(文:英語科教諭)