11月の給食献立【和食の日・世界の料理・郷土料理】

2021.11.24

24日、今日は和食の日でした。五穀豊穣、実りのシーズンを迎え、和食の食彩が豊かなこの時期において、日本食文化について見直そうと制定されたこの日の給食メニューは、

鯖の香味ソースがけ、キャベツとキツネの煮浸し、呉汁、牛乳

栄養士の先生より

「今日は和食の日なので、一汁二菜にしました。呉汁は大豆を水に浸し、すりつぶしたものを『呉(ご)』といい、呉をみそ汁に入れたものです。皆さんが食べやすいように、大豆はよく攪拌し滑らかにしました。」

生徒の声

「家でも和食派なので、和食は嬉しいです。特に鯖が美味しかった!」

「煮浸し、多く盛ってもらいました!野菜がたくさん食べられてよかった。」

「鯖に味付けされていた香味ソースの酸味がとても美味しかった。」

今日の給食も好評でした。

 

今月はブラジルの郷土料理の献立の日もありました。

ムケッカ(魚介のトマトシチュー)ビーンズサラダ、ポンデケージョ、牛乳

ポンデケージョは給食室の調理員の皆さんが粉から手作りしたものです。校内の調理室にあるオーブンで焼き上げました。モチモチの食感が好評で残飯がなかったそうです。

郷土料理の献立の日は、山形県の芋煮と山形県産ラ・フランスを使用したゼリーを使った献立でした。

鶏肉の塩焼き、野菜のおかか和え、芋煮、ラ・フランスゼリー、牛乳

手間を掛けて作られているメニューや、世界各国、郷土料理など飽きさせない工夫を凝らした献立など、給食が日々の楽しみの1つになっています。