定礎式が行われました

2022.01.10

1月5日鬼形惠子学院宗教主任の司式によりスチューデントセンター「オリーブ」とアフタースクール「山手120番記念館」の定礎式が行われました。

聖書朗読と鬼形学院宗教主任の祈祷の後、磯貝学院長により定礎石の設置がおこなわれました。定礎石の奥には金属製の定礎箱が埋め込まれ、箱の中には聖書を収めました。

定礎石には奉納、献堂などを意味する「DEDICATED」の文字が刻まれています。