中学国語「季節」を感じる授業

2022.11.23

書写の授業は中学1年から3年まで、年に数回、書道教諭と国語科教諭のチームティーチングでおこなわれています。この日は中2の書写「豊かな実り」を行書で書きました。

「先週、学んだ行書の特徴に続き、今週は平仮名の「成り立ち」と「バランスの取り方」について学びました。来週はいよいよ提出課題の清書に取り組みます。これまで学んできた技術と知識を生かして、文字通り「豊かな実り」を体現した作品となることでしょう。」

中3国語では俳句を詠み、情景が浮かぶような背景を加えて一人一枚のスライドを作成、季節ごとにまとめたものをクラスで鑑賞し、四季を味わいました。

「季語を考え切れ字を入れるなど、オリジナルの俳句作りに知恵をしぼりました。披露するのは恥ずかしそうでしたが、写真を背景にスライドにすると雰囲気が出て、季節感あふれる俳句鑑賞に盛り上がりました。」